ポメラニアン

人気犬種ランキングでも上位に位置するポメラニアン。小さな立ち耳にくるりと巻いた尻尾がかわいらしいです。好奇心旺盛でポジティブな性格。小さな姿でアグレッシブに物事に挑戦していく姿はとてもかわいい!そんなポメラニアンですが甘えん坊でもあります。くりくりな目にふわもこの毛並みで甘えられたら抱きしめたくなってしまいます♪

新着のポメラニアン販売情報

都道府県からポメラニアンを探す

北海道
東北
関東
北信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄

画像からポメラニアンを探す



ポメラニアンのお役立ちコンテンツ

お迎え前に
概要・魅力
美容
しつけ
健康
その他
その他

ポメラニアンを飼う前に知っておきたい3つのこと

ポメラニアン画像
元気さ

必要な運動量

しつけやすさ

お手入れ

警戒心の強さ

人気度

 コロコロとした見た目が特徴で、昔から愛玩犬として親しまれてきました。好奇心が強く遊び好きなので、毎日の散歩や室内でゲームをしてあげましょう。また、フワフワの毛を奇麗に保つために、1週間に2回程度のブラッシングを行ってください。

大人気柴犬カットポメラニアンの魅力!

ポメラニアン画像1  柔らかでふさふさの毛並みが優雅な雰囲気のポメラニアン。最近では夏場の暑さ対策としてだけでなく、一年中可愛らしくカットされたポメラニアンの姿を見かけるようになりました。中でも人気の柴犬カットについてお話したいと思います。
 ふんわりした毛を絶妙にカットした仕上がりは、まるで柴犬の子犬そのもの。本物の柴犬はそのキリリとした表情が魅力ですが、目が大きくてまん丸のポメラニアンはまさに愛くるしいぬいぐるみです。モフモフの感触もたまりませんね。
 オーバーコートとアンダーコートのダフルコート仕様であるポメラニアンをむやみにカットしてしまうと、本来毛が持っている熱や虫などに対するバリア機能や、毛質そのものに変化が生じる可能性もあります。カット後は毛が伸びる途中不ぞろいな部分が目立ってしまうというケースも見られますので、カットには十分な注意が必要です。
 また柴犬カットは毛のカットの微妙なバランスで見た目の印象がだいぶ変わります。トライするときには、まず信頼できるトリマーさんに相談してからじっくり検討するとよいでしょう。

キュートな白vsクールな黒!人気のポメラニアンカラー

ポメラニアン画像2  ポメラニアンの毛色は15種類ほどあるといわれており、ポメラニアンを飼い始める人たちにとってはその毛色選びも大きな楽しみの一つといえます。ポメラニアンはそもそも真っ白なサモエド犬。ドイツのポメラニアン地方で小型化された当初はやはり白色オンリーでした。その後さまざまなカラーを持つポメラニアンが登場し、現在ではあらゆる犬種の中でも、毛色が最多な犬種として知られるほどになっています。
 元祖ポメラニアンともいえるホワイトカラーは、愛らしいポメラニアンの魅力を最大限に引き立たせてくれる毛色で、根強い愛好家も多い人気のカラーです。
 また日本同様にポメラニアン人気の高い英国でファンが多いのがブラックです。日本ではまだそれほど馴染みがないかもしれませんが、いかにも利発そうでクールな印象のブラックカラー、今後人気が上昇するのは間違いありません。
 その他の毛色としては、もっともポピュラーなオレンジをはじめ、クリームやブラウン、希少毛色のチョコレートといった単色(ソリッド)タイプがあります。ポメラニアンの場合、2色以上の混合タイプよりも一般的に優位とされます。また全身の一部に斑が入ったセーブル、目などの顔周辺や胸などに褐色の斑が入ったタン、さらに白地に1~2色の斑が入ったパーティーなども人気があります。

キュートな人気者ポメラニアン、実はこんな性格だった?

ポメラニアン画像3  ポメラニアンは教えられたことを素早く理解する大変頭の良い犬種です。また飼い主にとても忠実なこともポメラニアンの大きな特徴の一つ。また抱っこや撫で撫でしてもらうのが大好きな甘えん坊な性格の持主です。飼い主の後をずっと付いて回ることもしばしばでしょう。ひたすら愛情を注いであげれば、その豊かなまでの感情表現で毎日楽しませてくれるに違いありません。意思疎通が容易でコミュニケーションが取りやすいので、犬を飼うのが初めてという人にも比較的飼いやすいタイプといえるでしょう。
 ただそんなキュートなポメラニアンにも多少困った点があります。飼い主への忠誠心が強く警戒心も強いため、他の人に必要以上に吠えてしまうというのもその一つです。飼い主や自分に近寄ってくる人や犬に対してしつこく吠え続ける場面も少なくありません。電話やインターホンの音に反応して無駄吠えしてしまうポメラニアンも多く見られます。臆病なタイプや興奮しやすいタイプの場合はもちろんのこと、ポメラニアンは普段からゆったりと育てながら、いざというときには毅然とした態度でしつけを行うことが大切です。
 愛情たっぷりに育てるというのは溺愛することとは違います。元来賢い犬なのですから、出きるだけ早い段階からメリハリをつけてしつけをすれば、周囲ともフレンドリーに接することができるチャーミングなワンちゃんに育ってくれることでしょう。