2016/2/23 19:09:52

子犬時代が重要!ポメラニアンのパピートレーニング!

    1.子犬の頃にパピートレーニングを!

    パピートレーニングって?

     そもそもパピートレーニングって何?と思われる方もいらっしゃるかと思います。パピートレーニングとは、社会になじむために子犬の頃に行うトレーニングのことをさします。これを行わないと、人見知りの強いわんちゃんに育ち、結果トラブルを起こすような事態に発展してしまう恐れがあります。社交的なわんちゃんに育てるためにも、生後3~4か月までの間にパピートレーニングはしっかりと行いましょう。まずはそんなパピートレーニングの方法についてご紹介します。

    触れられることに慣れさせよう

    ポメラニアン

     まずは、「身体に触れても嫌がらないようにする」ことから始めましょう。このトレーニングの目的は、知らない人に触れられても嫌がらないようにすることももちろんですが、「動物病院」や「手入れ」の際に、わんちゃんが嫌がる部分に振れる必要も出てきます。そういった状況でも対応できるように、飼い主さんが慣らしてあげましょう。
     このトレーニングは日常の一面で行います。まずは嫌がらない範囲で撫でてあげましょう。慣れてきたら、膝に乗せたり、お腹や足先、耳、尻尾など、触る範囲を増やしていきます。最終的には、わんちゃんの嫌がりがちな「口を開ける」ことについても慣れさせてあげましょう。口を開ける行為に慣れさせるときは、併せて歯磨きも行えることが望ましいです。なお、重要なのは、「嫌なこと」と思わないことです。早く慣らしたいがために、無理やり触れたり怒ったりすると、わんちゃんが「嫌なこと」として認識してしまいますので、ご注意ください。リラックスした雰囲気で、褒めながら触っていくと良いでしょう。

    トイレトレーニングを行おう

     トイレトレーニングはお迎えした日からすぐに始めましょう。排泄を行いそうなタイミングでトイレに連れていってあげることで、トイレの場所を覚えてもらいます。排泄のタイミングをつかむときが難しければ、一時間ごとに連れていくなど、定期的にトイレの場所まで連れていくことも良いでしょう。トイレで排泄ができたら目一杯褒めてあげます。また、できなくても厳しく叱ることは避けてください。特に子犬の頃は、周囲の状況に過敏に反応します。厳しく叱ってしまうと、飼い主さんとの信頼関係や、わんちゃんの性格形成に影響が出てくる可能性があります。
     もし、どうしても難しいようであれば、サークル目一杯にトイレシーツを敷き、だんだんとそのトイレシーツの面積を減らしていきます。トイレシーツの上にできた時だけ褒めるようにすれば、わんちゃんは「この場所でトイレをすると褒めてもらえる」と、トイレの場所を認識するようになります。

    甘噛みに注意しつつ色々な人や物に触れさせよう!

    ポメラニアン

     小さい頃に家の外のものとのたくさん触れ合いの機会を設けてあげましょう。ずっと家の中にいて、飼い主さんとしか触れ合わず、外の人や物に触れない状態ですと、人見知りをする臆病なわんちゃんになってしまう可能性もあります。そうなるとどんどん外に対する警戒心が強くなっていき、吠え癖や噛み癖に繋がってしまうこともあります。また、この時期他のわんちゃんと触れ合ってもらう機会を設けることも重要です。積極的に散歩に連れて行き、信頼できる友人やその愛犬たちと触れ合ってもらいましょう。
     なお、触れ合いの際に、甘噛みを行うことがあります。これは、強く叱ることはせず、「人間が痛がっている」ことを伝えてあげましょう。「痛い」と言って、手を引っ込めることが有効です。ただし、叩いたり、怒鳴って怒ることがないようにしてください。子犬の頃は特に多感な時期なので、わんちゃんを怯えさせることがないように、落ち着いて接してあげるよう心がけてください。

    どうしても難しい場合はしつけ教室に通うという手も!

    リード

     飼い主さんとの信頼関係を築くためにも、飼い主さん自身で一番望ましいことではあります。初めてわんちゃんを迎える方の中には、「わんちゃんがトイレを覚えてくれない」ことや、「触れ合いの機会を設けてあげたくても周りに犬好きな友人や犬を飼っている知り合いがいない」などと、行うことが難しい場合もあるかと思います。そんな場合は、しつけのプロにお任せすることや、しつけ教室に通うこともひとつの方法です。
     特に、しつけ教室ではパピークラスを対象としたクラスを設けている場合があります。そういった場所であれば、同じパピー同士のわんちゃんで触れ合うことができ、またその飼い主さんとも積極的に触れ合ってもらうことで、しつけだけではなく、社交性を養うこともできます。わんちゃんのしつけ教室は、各々で授業のスタイルなどが異なってくるため、よく調べた上で検討しましょう。仕事で通うことも難しい、といった場合にはプロの方にお預けできる場所もあるようです。
     ただし、わんちゃんにとって一番信頼を置ける人が飼い主さんでなければなりません。もし、プロの方にお任せしたりするような場合であっても、家にいる間は飼い主さんとスキンシップする時間を絶対に設けてあげましょう。
     

お役立ちコンテンツ