2016/2/29 10:42:50

吠え癖もしっかりしつけて味方に!しつけ特集

    1.いっぱい吠えちゃう!どうしたらいいの?

    ポメラニアンの吠え癖の原因を知ろう

     「吠え癖が治らない!」そう悩まれる方も多いのではないでしょうか。わんちゃんが吠えるときには、何かしらの理由があります。その理由によって対処も異なってきますので、まずは吠える原因について探りましょう。

    ほとんどの原因は社会化の失敗

    ポメラニアン

     多くの原因はパピートレーニングを行っていないことによる、社会化の失敗が挙げられます。パピートレーニングにつきましては、子犬時代が重要!ポメラニアンのパピートレーニング!をご参照ください。わんちゃんの社会化ができていないと、周囲のいろんなものに怯えることにより吠え癖がついてしまいます。パピートレーニングはわんちゃんのためにも、絶対に行いましょう。
     また、かまってほしいがあまりに吠えてしまうわんちゃんもいます。そんなわんちゃんに「名前を呼んで注意する」とかまってもらえたと錯覚してしまい、無駄吠えが加速してしまう場合がありますので注意しましょう。なお、暴力をふるったり、怒鳴ることは絶対にやめましょう。神経質な性格のわんちゃんに育ったり、暴力的なわんちゃんに育ってしまう恐れがあります。

    吠え癖への対処はどうしたらいいの?

     しつけを行う上で最も重要なのは、「褒めること」です。この場合は無駄吠えをやめたタイミングでいっぱい褒めてあげることが重要だと言えます。
     それでは「無駄吠え」をやめてもらうためにはどうしたら良いのでしょうか。すぐに始めることができるのは、「無視をすること」です。特に飼い主さんを見ながら吠えるわんちゃんには有効的でしょう。ただし、それだけでは難しい場合もあるかと思います。そこで、最も有効的な方法が「お座り」、または「伏せ」を行うことです。特に「伏せ」については、発声を行うこと自体が難しい体勢となるため、一番効果が期待できる方法かと思われます。また、「伏せ」や「待て」などの基本的なしつけを行うことは、わんちゃんと飼い主さんのコミュニケーションにもなりますので、ぜひ行いましょう。「伏せ」を覚えていれば、無駄吠えをしたタイミングで「伏せ」を行い、上手に「伏せ」ができて、かつ無駄吠えもやめたらたくさん褒め、わんちゃんに「吠えることをやめたら喜んでもらえる」ことを覚えてもらいましょう。

    2.基本的なしつけを行おう

    しつけを行う前に

    しつけ

     「お座り」や「伏せ」などの基本的なしつけは、パピートレーニングを終えてから行うようにしましょう。前述のとおり、わんちゃんの社会化は、わんちゃんの一生を左右するとても重要なものです。積極的に様々な人やわんちゃん、物音と触れ合いながら、トイレトレーニングなどの家庭内マナーを優先して教えてあげてください。
     また、しつけを行う際に、なかなか覚えてもらえず、イライラしてしまうこともあるのではないかと思います。しかし、それをわんちゃんにぶつけてしまってはいけません。特に、暴力をふるうことは絶対にタブーです。わんちゃんが落ち着いた状況でしつけを行えるよう、飼い主さんが配慮してあげるようにしましょう。

    まずは「お座り」をやってみよう

    ポメラニアン

     基本的なしつけにおいても「吠え癖」と同様、「褒めること」がもっとも重要です。また、基本的なしつけを行う際は、おやつなどのご褒美を用意してあげると良いでしょう。わんちゃんのモチベーションが上がり、グンとしつけやすくなります。ただし、ご褒美を与えすぎないように注意してください。
     「お座り」のしつけ手順としては、わんちゃんにご褒美を見せた上で、「お座り」の体勢に誘導し、できたらたくさん褒めながらご褒美を与えます。「お座り」の体勢に誘導することが難しく感じるかもしれませんが、以下手順で行うととても簡単ですので参考にされてください。
     
     ▽「お座り」を覚えてもらうための手順
     ——————————————————————
     1.わんちゃんに手のひらに乗せたご褒美を見せ、「手にご褒美を持っている」ことを認識させます。
     2.「お座り」と言いながら、ご褒美が乗った手をわんちゃんの頭の上のほうへ持っていきます。
       ※わんちゃんの胸が沿るように誘導してあげてください。
        自然に頭が上を向くことによって、わんちゃんが自分でお座りしてくれます。
     3.「お座り」ができたらたくさん褒めながら、ご褒美をあげましょう。
     ——————————————————————

    次は「伏せ」をやってみよう

     次は「伏せ」を行ってみましょう。なお、「伏せ」は服従の意味も兼ねてますので、飼い主との信頼関係が固く築かれていることが前提となります。基本的なしつけの中でも一番最後に教えたほうが良いですので、「お手」や「待て」などを教える場合は、「伏せ」の前に教えると良いでしょう。「伏せ」のしつけ方の手順は、以下を参考にやってみてください。
     
     ▽「伏せ」を覚えてもらうための手順
     ——————————————————————
     1.ご褒美を手に持ち、「伏せ」と言いながら、ご褒美を地面に近づけましょう。
     2.上手に「伏せ」の体勢ができたら、褒めながらご褒美をあげましょう。
     ——————————————————————
     
     上記手順ですんなりと「伏せ」の体勢を行い、覚えてくれることがもっとも望ましい展開です。しかし、「胸を地面につける」といった行為がわんちゃんにとって慣れない行為の場合、難しい場合もあるかと思います。そのような時は、以下手順を改めてお試しいただければ幸いです。
     
     ▽上記手順が難しい場合の手順
     ——————————————————————
     1.まずご褒美を手に持ち、飼い主さんが床に座って片足を折り曲げ、足でアーチを作ります。
       ※わんちゃんがかがむくらいの大きさのアーチを作ってください。
     2.「伏せ」と言いながら、ご褒美をアーチ越しにチラつかせ、
      わんちゃんが足のアーチをくぐるように誘導します。
     3.足のアーチをくぐって「伏せ」の体勢になったら、褒めながらご褒美をあげましょう。
     ——————————————————————
     
     この手順ですと、わんちゃんにとっても遊んでいるような感覚でしつけを行うことができるため、手足などをおさえるなどの方法よりもストレスが少なく済みますので、ぜひ試してみましょう。
     

お役立ちコンテンツ