2016/6/29 14:09:23

ポメラニアンとお出かけしたい!お宅訪問における注意点

    1.ポメラニアンと楽しいお宅訪問をするために

    相手宅にわんちゃんがいる場合は訪問前に1ステップ置こう!

    ポメラニアン

     小柄なポメラニアンはお出かけもしやすく、友人知人のお家にも連れていきやすいため、いつかお宅訪問の機会もあるかもしれません。その中で、もしも「すでにわんちゃんがいるお宅」に訪問する機会があれば、要注意です。そこは相手のわんちゃんの「テリトリー」なのです。そのため、見知らぬ犬が訪問してきた際、普段はおとなしいわんちゃんだとしても、友好的な態度で迎えてくれるかはわかりません。また、すでに面識のあるわんちゃんでも、「自分のテリトリー」にいきなり踏み込まれてしまうと、普段とは異なる、警戒した態度で迎えられる可能性もあります。
     
     そんな事態を避けるためにも、相手宅にわんちゃんがいる場合は、まず「家の外でわんちゃん同士を会わせる」という1ステップを踏むと良いでしょう。公園などで一緒に遊ばせることもお勧めです。お互いの緊張がとけたら、改めてお宅訪問を行うと良いでしょう。

    2.マナーを守るために!事前準備はしっかり行おう!

    マーキング防止に!用意したいマナーベルト

     「マナーベルト」というものをご存じでしょうか。マナーベルトとは、マーキングを防止するために作られた、いわば犬用のオムツです。基本的にはマーキングを行う、男の子に使用されます。もし、女の子を連れていく際心配な方は、サニタリーパンツを使用することをお勧めします。
     
     なお、「オムツ」と言うとトイレの代わりに付けるような印象がありますが、あくまでこちらは予測不能なマーキング防止を目的としています。マーキングは基本的に尿の量も少量であり、それが前提で作られているものですので、「トイレの代わり」として付けたまま放置することは衛生的にも望ましくありません。かぶれたりしてしまう可能性もありますので、注意しましょう。
     
     また、マナーベルトはサイズがぴったりでないと漏れてしまう可能性があります。そのため、可能ならば試着可能なショップで購入するか、ショップ店員さんなどに相談をした上で購入すると良いでしょう。

    水分補給グッズや水漏れ対策を忘れずに!

    タオル

     わんちゃんの中には他の家に訪問した際、緊張してしまい、普段使いなれたものしか受け付けなくなるケースがあります。その代表的な例が、食器です。特に「水」については、手であげることもできるご飯やおやつとは異なり、何かしらの受け皿が必要かと思います。そのため、普段使用している水受けを持参しておいた方が無難でしょう。
     
     また、水を飲んだ時にこぼれた水を拭いたり、足拭きに利用することができるタオルは持っていくと便利です。特に相手宅にわんちゃんがいる場合、外で遊ばせたり、一緒に散歩させたりするかもしれません。その際にキチンと足を拭いてお邪魔することで、相手の方にとっても好印象でしょう。なお、雨天時には念のために多めにタオルを持っていくといいかもしれません。

    万が一に備えて!首輪やリードを準備を!

     いつもならリードがなくてもぴったりとリーダーウォークしてくれるポメラニアンだとしても、初めての環境でも同じように振る舞ってくれるかはわかりません。慣れない環境によっていつもと異なる振る舞いになってしまう可能性もあれば、家の中の物を壊してしまう可能性もあります。万が一のときに備えて首輪やリードは持っていくことにしましょう。

    抜け毛の被害を最小限に!

    ポメラニアン

     ポメラニアンの抜け毛は多く、訪問時期が生え変わりの次期であればなおのこと気にされるものと思います。相手宅にかかる抜け毛の被害を最小限に抑えたい…そうは思いませんか?
     
     抜け毛そのものを最小限にするために一番有効的な方法は、訪問前にシャンプー、およびブラッシングを行うことです。シャンプーやブラッシングを行うことで抜け毛をある程度取り除くことができます。また、訪問前のシャンプーは清潔な印象も与えますので、特にお勧めです。他にも、衣服を着せて抜け毛を床に落とすことを防ぐ方法もあります。衣服はTシャツのような素材でかまいません。

    3.事前に確認を!ポメラニアンの健康チェック!

    ワクチンやノミダニ対策は徹底しよう!!

    ワクチン

     もし、お宅訪問においてわんちゃんとも会うがあるのであれば、ポメラニアンの健康チェックには特に気を使いましょう。どちらかが子犬であれば、免疫力の面からも特に注意が必要です。ワクチンを接種した後に会うことが望ましいですが、もしどちらかのわんちゃんがワクチンを摂取する前に会うのであれば、まだワクチンの摂取を受けていない旨を事前に伝え、お互いが了承した上で会うようにしましょう。
     
     また、ノミやダニにも配慮すべきです。特にノミについては肉眼で確認することが難しいため、日々のケアが必要となってまいります。「しっかりとした寄生虫対策でポメラニアンと快適な生活を!」記事についてもご参照いただいて、ノミやダニ対策をしっかり行うようにしましょう。

お役立ちコンテンツ